髭を薄くする方法を網羅!それぞれで価格比較してみる!

髭を薄くする方法を網羅!それぞれで価格比較してみる!

髭を薄くする方法
髭を処理したり脱毛したりする方法はいくつかありますが、どれが自分にとって一番イイ方法なのか?迷うところですよね。

 

人によってどの方法が合うかは違うわけですが、一つの指標として費用と費用対効果があると思います。できるだけ安く効果がある方法を選びたいですよね。

 

そこでここでは、それぞれの方法別に、かかる費用と費用対効果などを比較して表にまとめてみました。参考になれば幸いです。

 

  費用相場 メリット デメリット

カミソリ
シェーバー

100円~

安い
お手軽

濃くなる可能性
肌荒れ

除毛クリーム 500円~

安い
速い
お手軽

濃くなる可能性
肌荒れ

光脱毛 約20,000~10,000万円

仕上がりが綺麗
生えてきにくくなる

費用が高い
痛い
通う手間
時間がかかる

レーザー脱毛 約80,000~150,000円

仕上がりが綺麗
永久脱毛可能

費用が高い
かなり痛い
通う手間

家庭用脱毛器 約30,000円~

サロンや医療に比べ安い
自分のタイミングで可能

価格が高い
痛い
セルフの手間
時間がかかる

抑毛ジェルクリーム 約5,000円~

比較的安い
お手軽
費用対効果が高い
生えてきにくくなる

個人差が大きい
時間がかかる

 

一番ガッツリ脱毛しようとすると、やはり医療レーザーでの永久脱毛ですね。髭だけだとだいたい15万もあれば完璧に脱毛できます。

 

ただし、レーザーは痛みが激しく施術後しばらくは顔が赤く腫れるのと、費用は一番高いのがネックですね。

 

あと意外と見落としがちですが、また髭を生やしたいと思ったときに生えないのでそういった将来をしっかりと見据えてやるならやらないといけません。

 

 

その次は脱毛エステでの光脱毛ですが、これは正直おすすめはできません。費用がかさむうえに、レーザーほどの効果もないですし、通えば通うほどコストがふくらんでいきます。費用対効果という面ではよくないですね。

 

家庭用脱毛器も同じで、価格は買い切りなので安くすみますが、髭みたいな濃い毛はなかなか何度やっても脱毛できません。しかも痛みもかなりあるし、自分でやるにはそれなりの覚悟をもって自己責任でやりましょう。

 

 

やはりそう考えると一番費用対効果が高いのが抑毛クリームですね。

 

ちょっとずつですが髭がやわらかくなって、生える範囲も少なくなってきます。根気はいりますが、費用も安くすんで肌にも優しいのでおすすめです。

 

興味のある方はTOPの髭を薄くするクリームランキングも参考にどうぞ。

 

髭を薄くするランキング