髭が濃くなる原因って?日常に潜む3つの原因をチェック!

髭が濃くなる原因って?日常に潜む3つの原因をチェック!

髭が濃くなる3つの原因
髭を薄くしたい!という方は、まずはそもそも髭が濃くなっている原因に目を向ける必要があります。

 

「原因なんてどーでもいいから解消法を教えてくれよ!」

 

こういった声も聞こえてきそうですが、果たして本当にそれでいいのでしょうか?原因を知らずして改善はありえるのでしょうか?

 

正直それはなかなか難しいところです。

 

なぜなら、その場しのぎ的な付け焼刃の対処よりも、原因を知ってそこを取り除くような対処することによって、より根本的な改善につなげることができますからね。

 

ここでは、髭が濃くなる主な原因から、日常生活に起因する5つの要因をご紹介します!自分に当てはまるポイントはないかチェックしながらぜひ目を通してみてください。

 

髭が濃くなる原因、それは男性ホルモンにあり。

髭の濃さには、男性ホルモンであるテストステロンの影響が最も大きいと言われています。

 

男性ホルモン(テストステロン)が還元酵素である5αリダクターゼと結合することによって、DHT(ジヒドロテストステロン)が生成されます。これは一般的には、AGA(男性型脱毛症)における脱毛因子で知られていますが、同時に髭を濃くする作用もあると言われています。

 

「髭が濃い=男らしい」感じがしますが、まさにそういうことなんですね。男性ホルモンが多ければ多いほど髭は濃くなりやすい傾向にあるというわけです。

 

また、”剃り方が悪いと髭が濃くなる”というようなことも言われますが、やはりそれよりも元々の体質的な問題の方が大きいと考えれます。

 

では、そういった体質的な問題以外で、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量は、日常生活のうえで何が原因になって増加するのでしょうか?ここから詳しく見ていきましょう。

 

日常に潜む!男性ホルモンが増える3つの原因

筋トレ

筋力トレーニングをすることによって、男性ホルモンの分泌量が一時的に増加することが研究データでも認められています。筋力をつけるには男性ホルモンが必要なので自然とカラダがそのように働くようです。

 

睡眠不足

慢性的な睡眠不足も男性ホルモンを増加させる要因になります。できるだけ生活のリズムを整え、良質な睡眠をとることを日常的に心がけましょう。

 

過度な射精

オナニーやSEXを頻繁にすると微量ではありますが男性ホルモンが増えると言われています。しかしあくまで過度な場合なので、日常的に射精するぶんにはほとんど影響はないのでそこまで気にする必要はありません。

 

まとめ

いかがでしょうか?あなたが髭が濃い原因にはもともとの遺伝的な要因ももちろん大きいですが、日常生活でも思い当たる節があったかもしれません。

 

できるだけ当てはまる部分は改善し、マイナス要因を減らしていくことで改善しやすい体質へとなっていきます。

 

ぜひ対処法ばかりに目を捕らわれず、原因を根本的に解消していくような施策も行ってみてください。

 

髭を薄くするランキング